狼と香辛料VIII

対立の町<上>

作者: 支倉凍砂 译者:

豆瓣 8.6

收藏人次 0

狼と香辛料VIII         ロレンスたちがローム川で耳にした、『狼の足の骨』の噂。教会勢力は、どうやらその骨を自らの権威誇示のために利用しようとしているらしい。自分と同じ類の狼のものかも知れないその骨を、ホロが放っておけるはずもなかった。詳しい情報を得るために、ロレンスたちは港町ケルーベで女商人エーブを待ち伏せることにする。だがケルーベは、貿易の中心である三角洲を挟んで、北と南が対立している訳有りの町で―!?放浪少年コルが旅の供に加わり、ますます盛り上がるホロとロレンスの旅路。絶好調の新感覚ファンタジー第8弾。
                索引
支倉 凍砂 (ハセクラ イスナ)
1982年12月27日生まれ。第12回電撃小説大賞“銀賞”受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
最新书籍
Europe 国家干预的艺术 革命心理学 哥德尔 符号学理论 反自由主义剖析
标签: 轻小说 狼与香辛料 支仓冻砂 日本 支倉凍砂 輕小說 经济 狼与辛香料

1个版本 上传新版本


2.06M 狼と香辛料Ⅷ 対立の町<上>.mobi 0条评论

2020-05-21 09:04:58, 上传者: @viur3tt1fwje