狼と香辛料VII

Side Colors

作者: 支倉凍砂 译者:

豆瓣 8.5

收藏人次 0

狼と香辛料VII         リュビンハイゲンでの騒動が丸く収まったことを祝し、ホロとロレンスはノーラと食事をしていた。しかし、体調を崩したホロは、不覚にも宴会の最中に倒れてしまう。そんなホロを見て、ロレンスは看病をしようとするのだが…?シリーズ初のホロ視点で語られる書き下ろし「狼と琥珀色の憂鬱」に加えて、ロレンスと出会う前のホロの旅を描いた「少年と少女と白い花」、港町パッツィオでの二人の買い物風景「林檎の赤、空の青」など、「電撃hp」に掲載され好評を博した2編を収録。絶好調の新感覚ファンタジー、“色”をテーマに綴られた珠玉の短編集。
                索引
支倉 凍砂(ハセクラ イスナ)
1982年12月27日生まれ。第12回電撃小説大賞“銀賞”受賞
最新书籍
Europe 国家干预的艺术 革命心理学 哥德尔 符号学理论 反自由主义剖析
标签: 轻小说 狼与辛香料 支倉凍砂 日本 支仓冻砂 輕小說 狼与香辛料 輕小说

1个版本 上传新版本


2.37M 狼と香辛料Ⅶ Side Colors.mobi 0条评论

2020-05-21 09:04:22, 上传者: @viur3tt1fwje