狼と香辛料IV

作者: 支倉凍砂 译者:

豆瓣 8.4

收藏人次 0

狼と香辛料IV         狼神ホロの故郷ヨイツを探すため、北を目指す行商人ロレンス。異教徒の町クメルスンで得た情報をもとに、二人は田舎の村テレオにやってくる。テレオの教会にいる司祭は、異教の神々の話だけを専門に集める修道士の居場所を知っているという。しかし、教会を訪れたロレンスとホロを出迎えたのは、無愛想な少女エルサだった。さらにそこで、ロレンスたちは村存続の危機に巻き込まれてしまう。二人はヨイツへの手がかりをつかみ、無事に村を出立できるのか…。話題の異色ファンタジー、第12回電撃小説大賞「銀賞」受賞作第4弾。
                索引
支倉 凍砂(ハセクラ イスナ)
1982年12月27日生まれ。第12回電撃小説大賞「銀賞」受賞
最新书籍
Europe 国家干预的艺术 革命心理学 哥德尔 符号学理论 反自由主义剖析
标签: 轻小说 狼与香辛料 支倉凍砂 支仓冻砂 日本 輕小說 经济 ACG

1个版本 上传新版本


2.21M 狼と香辛料Ⅳ.mobi 0条评论

2020-05-20 13:50:58, 上传者: @viur3tt1fwje