狼と香辛料III

作者: 支倉凍砂 译者:

豆瓣 8.5

收藏人次 0

狼と香辛料III         教会都市リュビンハイゲンを出立した行商人のロレンスと狼神ホロ。行商がてらホロの故郷ヨイツの情報を集めるため、冬の大市と祭りで賑わう町クメルスンにやってきた。そこで二人は、若い魚商人アマーティと出会う。どうやらアマーティはホロに一目惚れをしてしまったらしい。急速に彼女に近づき始めた。一方ロレンスとホロの間には微妙な気持ちのすれ違いが生じ、誤解が誤解を呼んでしまう。そしてそれがロレンスとアマーティそれぞれの商売をも巻き込んだ大騒動へと発展していく──。第12回電撃小説大賞<銀賞>受賞作第3弾。
                索引
最新书籍
Europe 国家干预的艺术 革命心理学 哥德尔 符号学理论 反自由主义剖析
标签: 轻小说 支倉凍砂 狼与香辛料 日本 電撃文庫 支仓冻砂 輕小說 萌狼

1个版本 上传新版本


2.38M 狼と香辛料Ⅲ.mobi 0条评论

2020-05-20 13:50:09, 上传者: @viur3tt1fwje