狼と香辛料

作者: 支倉凍砂 文倉十 译者:

豆瓣 8.8

收藏人次 0

狼と香辛料         行商人ロレンスは、麦の束に埋もれ馬車の荷台で眠る少女を見つける。少女は狼の耳と尻尾を有した美しい娘で、自らを豊作を司る神ホロと名乗った。「わっちは神と呼ばれていたがよ。わっちゃあホロ以外の何者でもない」老獪な話術を巧みに操るホロに翻弄されるロレンス。しかし彼女が本当に豊穣の狼神なのか半信半疑ながらも、ホロと共に旅をすることを了承した。そんな二人旅に思いがけない儲け話が舞い込んでくる。近い将来、ある銀貨が値上がりするという噂。疑いながらもロレンスはその儲け話に乗るのだが―。第12回電撃小説大賞“銀賞”受賞作。
                索引
支倉 凍砂(ハセクラ イスナ)
1982年12月27日生まれ。『狼と香辛料』で第12回電撃小説大賞“銀賞”受賞
最新书籍
Europe 国家干预的艺术 革命心理学 哥德尔 符号学理论 反自由主义剖析
标签: 轻小说 狼与香辛料 支仓冻砂 日本 支倉凍砂 輕小說 小说 電撃文庫

1个版本 上传新版本


6.24M 狼と香辛料.mobi 0条评论

2020-05-20 13:47:08, 上传者: @viur3tt1fwje